カラコンは安全に使うこと
初心者必見!カラコンの使い方~基本編~

カラコンの付け方

カラコンの付け方は、原則としては普通のコンタクトの付け方と全く同じです。ですので、カラコンの付け方としてはコンタクトの付け方をしっかりと意識しておくだけで、安全につけることができます。

まず、コンタクトを付ける前、コンタクトに触れる前には必ず手を洗っておきましょう。折角洗浄液に浸して綺麗な状態になっているのに、手が綺麗になっていないと汚れが付着してしまいます。カラコンに汚れが付くと、目のトラブルの原因にもなりかねませんので要注意です。

次に、意識すべきことは、コンタクトの表裏を確認しておくことです。正しいつけ方をするためには、指の上に置いた際に綺麗なお椀の形になるようにしてから、目に付ける必要がありますが、中には逆につけてしまう方もいます。すると、ごろごろとした違和感を感じてしまう原因になります。

目に置く際は、普通のコンタクトと同じですが、目に置いた後には視線を一度床の方に落としてから、ゆっくりと瞬きをすると目にぴったりとフィットして、コンタクトがごろごろとしなくなります。ポイントは強く瞬きをしないことです。それらに気を付けてコンタクトを付ければ、特に問題なくカラコンを使用することができます。面倒かもしれませんが、しっかりと注意しましょう。

ページの先頭へ戻る